読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コーヒーのおすすめ「人気ショップ」ならコチラ 2017年度 パーフェクトタッチ

写真は「一番細かい」と「一番粗い」ですたしかに粗挽きはできませんが!我が家のドリップ用には支障ないようです。【手入れのしやすさ】他の口コミでコーヒーの粉が飛び散ると書いてあったのでちょっと心配しましたが!許容範囲内でした。たくさん挽くのが大変なのと!粒度を変えるのが面倒なのでこちらを購入しました。

コチラです!

2017年02月06日 ランキング上位商品↑

パーフェクトタッチ コーヒーCG-5Bパーフェクトタッチ2電動コーヒーミル/メリタ(Melitta)/珈琲ミル グルメコーヒー豆専門加藤珈琲店

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

1〜2年に一度!歯が駄目になってしまうので買い換えています。それなら普通のミルサーでもいいかと思ったけど!やはりレビューで”ムラになる!ちゃんと挽けない”というのを目にして!コーヒー豆用のにすることにしました。こだわりがない我が家にとっては、そりゃあ高いミル買えば一番なんだろうけど、わかんないのにこだわってはキリもないし、手頃な値段で使い勝手の良さそうな臼型にしようと思い、こちらにしました!〜実際使ってみて〜特にムラというのも素人の私にはわからないし、綺麗に挽けています!ボタン一つでけっこうな量が一遍にすぐ挽けるし、音もそこまで気にならないです。感想としてはどのくらい挽くという仕様は特に要らないかなぁ〜と言っておりました^^;でもでもこの価格で この挽き方は なかなか無いので満足です^^。挽き具合の調節もすごく簡単で、ペーパードリップ・コーヒーメーカー・ネルドリップ・・・とその日の気分で挽き方を変えて使っています。最初に受け皿をよく洗剤で洗って乾燥させてから使用していますが、静電気は殆んど気になりません。香うま味共にアップの気がします。年配者には、使い勝手悪いと言われてしまいましたが、使用頻度が自分が一番高いため、自動で勝手に調度良い粒にひけるので問題無しです。早いし、楽。今までは手で挽いたり!お店で引いてもらったりしましたが!やっぱ電動はいいです。エスプレッソ用をお考えの場合はデロンギのコーン型がいいかもしれません(ちょっと高いですけど)個人的には使用時の音もやわらかいと思いました。清掃用のブラシは付属してもらえるとうれしいです。それと「ドライエックス」という静電気除去スプレーで静電気対策を講じてみました。美味しいコーヒーを安く飲みたいと思ったら、豆で買った方が安かったのでミル買うしかないと思い、調べたらたくさん種類があって、ちんぷんかんぷんで買うまでにすごい時間がかかりました。 今までプロペラカッター式のミルを使っていたのですが、均一な挽き加減は望めないし、微粉末が多く出てフィルターがつまり雑味の多い珈琲になっていしまい結局プロに挽いて貰った方が美味しいという状態でした。でも!とても早く挽けるし粒度が簡単に変えられるし!やっぱり毎日こちらを使ってます♪たくさん挽かない!粒度がいつも同じ人は手動のミルで良いと思います。届くのを楽しみに待っています。ウルサイと評判でしたが!「なんだこの程度か」と思うぐらい静か。今!使っているプロペラ付きのミルが壊れてしまい!こちらを注文しました。挽き加減は豆によって異なるので調整が難しいけれど、逆に自分なりに色々と試せてオモシロイです。ドリップ時粉はよ〜〜く膨れます。自分の好みの挽き加減豆の量をつかみきれていませんが、もう挽きは買わなくて済みそうです。今まで使用していた電動ミルが壊れたので、新しく購入しました。今まで使っていたミキサー式のミルに比べるとコーヒーの味に深みが出ます。しいていうなら、50gくらい単位で挽かないといけないのが難ですが、まぁこの値段で自分使いなら十分だと思います。私は細かいのが好きなので特に問題なかったですが・・。残念ながら手挽きの方が綺麗に挽けます。そこで参考にしたのはプロペラより臼型の方が美味しく挽けるという口コミ。お値段も一番リーズナブルなようです(*^_^*)。やはり香りはそれだけで健康になれそうです。エスプレッソで必要な極細挽きも可能ですし、それなりに頻繁に利用してますが今なお健在です。ブログにてレポしましたので!「パーフェクトタッチ 静電気」で検索してみてください。かつては手動で豆をひいていただのですが、電動のこのパーフェクトタッチに出会い、あまりの楽さに以後はずっと電動です。豆は思いのほか細かくなるので粗目に設定したほうが良いかも。美味しく弾けますが均一ではありません。以前、こちらのショップで手動ミル(セラミック臼刃)を購入していたのですが、豆の挽き具合の調節が結構難しく・・・あまり使わなくなっていました。掃除はちょっと面倒ですがこの程度ならなんとかなります。ずっと粉を買ってコーヒーを飲んでいましたが!やっぱり豆から挽こうと思いミルを色々調べコストパフォーマンスで購入。休日の朝に挽きたてのコーヒーを飲む我が家では以前プロペラ式のミルでしたが!臼挽き式のミルにして良かったです。他のレビューにあった清掃のしにくさと粉の飛び散りは多少ありますが!それもコーヒーの楽しみとします。【その他】普通にコーヒーを入れるためのミルであれば充分です。近所のお店では1万円でしたが!1万円だったら買わないと思いますね。均等にひけるし、早いし、とってもオススメです。お世話になってる方に贈りました。挽き方も選べるようですし!少々!大目の豆を挽く時にも重宝しそうです。粉の飛散や噴出し口の詰りはありますが!ケースを取り出す前にトントンと軽く叩いてあげることと!使った後に吹き出し口を爪楊枝(ハケとか)でツンツンするだけでOKです。大変重宝しています。粉が散るっていうレビューを見て心配していましたが、トレーを下に敷いたので問題ないですし、そんなに気になるほどではないです!容器に移し替える時は流しでやっているので汚れないですし♪あと、特に豆が詰まったりということもありませんでした。今まで手動のミル(Kalita/クラシックミル)を使っていました。 そこでこの機種を購入、まだ三回しか使っていませんが、粉の挽き加減の均一性はさすがです。手入れも覚悟してましたが!結構面倒かな・・・5回に1回ぐらいしかしてません。でも!「挽き立て」(というか挽いている途中の)香りが忘れられなくて!今回購入しました。価格的に「カッタータイプ」(刃が一本でそれがぐるぐる回る)ものと悩んだのですが!臼刃の方が!風味を損なわずに挽けるので!こっちにしてよかったです。というのもエスプレッソ用のミルとして購入したので、思ったような極細挽きではなかったからです。エスプレッソマシン用に購入しました。【デザイン】デザインがシンプルで場所を取らないところが気に入っています。静電気でボックスにはりついたコーヒー粉末を掃除するために絵筆を1本用意して活用しています(オススメです)【使いやすさ】とても使いやすく気に入っています【機能性】デザインも価格も文句なしですが、機能には不満が残りました。毎回同じ粗さに挽けるのも嬉しいですね。今のところ問題なく使えています。エスプレッソマシンの準備しながら、挽くなんてのも効率いいですし。(冬場はひどくなるのかな?) 粉の飛び散りもあまりないようです。いちばん細かい目盛りでグラニュー糖くらい。エスプレッソの時は一番細かい挽きにし、ドリップのときは一番粗い目盛りにしています。極細挽〜中細挽ができるようで!粗挽きが好みの方には向いていません。使い勝手良いですが!静電気のせいでやはり粉まみれになります。私の手動ミルは20年目ぐらい。2人暮らしなので一遍に挽いておいて3、4日に1度挽くので掃除も特にしていません(^^ゞやっぱり挽きたては美味しいですね♪初めに考えていたより、結構値段がするので躊躇しましたが、コーヒーを買ったり、外で飲む事を考えたらすぐもとがとれるので買って良かったです!!臼式で極細挽きができて、しかも安い。初めは安いコーヒー豆とセットのでいいと思ったんですけど(某輸入品販売店では高く売っていたし)、ネットで検索するうちにプロペラ式は”ムラになる、すぐこわれる、少量しかひけない、音が大きい”っていうのを口コミで見て、本当に迷いました。